J2徳島ヴォルティスは24日、全30選手とスタッフ一行が2次キャンプ地の宮崎市に到着し、滞在先の宮崎観光ホテルで地元の支援団体「Jリーグ等宮崎協力会」の温かい歓迎を受けた。

 同会の市観光協会や民間事業者、市関係者ら約50人が拍手で出迎えた。田村俊彦副市長が「今回で11回目となる来訪を歓迎します。存分に施設を使ってほしい」とあいさつ。ロドリゲス監督は「充実したキャンプにしたい」と抱負を述べた。監督と冨田選手に花束が手渡され、キンカンやイチゴ、ポークなどの特産品も贈られた。

 チームは25日から宮崎県総合運動公園ラグビー場で練習を再開する。28日正午から、J2長崎との練習試合が予定されている...    
<記事全文を読む>