サッカーJ2・ツエーゲン金沢は24日、宮崎県都城市でキャンプインした。同市でのキャンプは昨年に続き2度目となり、選手らは宮崎空港に集まった地元住民らから「ようこそ、おかえりなさい」と温かい拍手で出迎えられた。

 小松空港から羽田経由で現地入りするはずだったが、悪天候で羽田便が欠航したため急きょ福岡経由に変更し、予定より2時間遅れて宮崎に入った。

 歓迎セレモニーでは、都城市のPRキャラクター「ぼんちくん」や観光レディらから、選手に花束や宮崎ブランドポーク10キロなどが贈られた。

 選手は移動の疲れを取るように宿舎近くの公園でストレッチし、翌日からの本格的なトレーニングに備えた。まぶしい日差し...    
<記事全文を読む>