サッカーJ2の松本山雅は24日、静岡県御殿場市を拠点に1次キャンプを始めた。初日は午後から同県裾野市の天然芝のグラウンドで約2時間の練習。15日に始動したチームは、ここから練習の強度を高めて体に負荷をかけ、2月26日の開幕戦に向けてコンディションを上げていく。

 この日は松本市からバスで移動し、午後3時から練習開始。体幹を鍛える練習をした後、スピードの上げ下げを繰り返しながら20分のランニングを行った。残りの約1時間はボールを使い、GKを含む6人対6人で攻撃の組み立てを意識した練習などに取り組んだ。

 松本では人工芝のグラウンドで練習しており、選手たちは久しぶりの天然芝の感触を確かめながら...    
<記事全文を読む>