サッカーJ2・モンテディオ山形に昨季まで選手として在籍し、現役引退を発表したMF比嘉厚平(26)が、アカデミー(育成・普及部門)のコーチに就任することが23日、関係者の話で分かった。新シーズンからジュニア(小学生)庄内を指導し、セカンドキャリアをスタートさせる。

 埼玉県出身。柏の下部組織で育ち、各年代の日本代表に選ばれるなど将来を嘱望されたが、国際試合で両脚に大けがを負い、公式戦から遠ざかった。2011年に柏から当時JFLの秋田に期限付き移籍。実戦経験を積み、12年から山形でプレー。スピードとテクニックを生かしたドリブルなど高い個人技を誇り、アタッカーとして存在感を放った。しかし度重な...    
<記事全文を読む>