J2のFC岐阜は24日から、堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターで6日間の1次キャンプを開く。期間中は25、27、28日に大阪の高校3校との練習試合が予定されている。

 クラブによると、2段階のキャンプは初めて。大阪で基礎的な練習を積み、2月1日からの宮崎キャンプで本格的なチームづくりに着手するという。大木監督は新体制発表での会見で「開幕前の準備でシーズンの7割の仕事が終わるんじゃないかと思う」と話し、この時期の過ごし方の重要性を説いてきた。

 新加入のMF庄司は、これまでの練習について「体力的にきついが、レベルアップできる内容。全て真剣に取り組んでいる」と充実感を話す。合計約3...    
<記事全文を読む>