J2京都サンガFCの選手やスタッフが22日、京都市東山区の八坂神社で今季の必勝祈願を行った。

 新加入を含む27選手が参加し、本殿での神事では、布部監督と、選手を代表してGK菅野が玉串を奉納。布部監督は絵馬に「J1昇格」と書き込み、「チームが昇格へ一つのベクトルで向かっている。いい練習をして、いいプレーにつなげていきたい」と語った。

 昨季に主将を務めた菅野は絵馬に「全て勝つ」と記し、「常に己にも勝ち、一日一日勝負していくというプレッシャーをかける。そして最高のスタートを切りたい」と引き締まった表情を見せた。京都橘高から新加入する岩崎は「昇格のため入ってきた。まずは試合に出て結果を残すこと...    
<記事全文を読む>