松本市のまつもと市民芸術館大ホールで22日開いたサッカーJ2松本山雅FCの新体制発表会は、今年こそJ1再昇格を―と願うサポーター約1800人の熱気にあふれた。選手とスタッフが「あと一歩」で昇格を逃した昨季の悔しさを胸に力強く抱負を語ると、サポーターが大きな声援と拍手でエールを送った。

 選手らの自己紹介に先立ち、昨季限りで引退した鉄戸裕史さん(34)が、クラブの普及活動を担うアンバサダーに就任すると発表された。8年間在籍した鉄戸さんは「選手として受けた恩を返していきたい」とあいさつし、温かな拍手に包まれた。

 ともに2年ぶりにチームに復帰した村山智彦選手(29)と谷奥健四郎選手(24)は「...    
<記事全文を読む>