サッカーJ2・モンテディオ山形が1次キャンプの静岡県御前崎市で宿泊しているホテルのシェフは、山形市に実家がある本間寛之さん(43)。選手やスタッフの朝、昼、夕食を手掛けている。「やっぱり郷土愛がある。地元のチームの料理を担当するのはうれしい」と笑みを浮かべる。

 山形学院高調理科で学び、卒業後は仙台市のフレンチレストランで修業。その後は東海地方のレストランでシェフを務めた。昨年1月末に現在の静岡カントリー浜岡コース&ホテルに移り、総料理長との「ご縁があった」。洋食、コンベンションの料理長を任されている。

 チームには和洋中を織り交ぜた料理を提供。リクエストに応え、油を控えめにし、肉は牛、豚...    
<記事全文を読む>