J2水戸は21日、水戸市のケーズデンキスタジアム水戸で、2017年シーズンの体制を発表し、新加入選手らの会見を行った。新たに加わった11人を含め全30選手で、現在の22チーム制となった2012年以降、同年に並ぶ過去最高順位の13位だった昨季以上の飛躍を目指す。今季のスローガンは「前進」。沼田邦郎社長(52)は昨年行った城里町小勝の旧町立七会中学校を新練習拠点などとする計画や、アジア戦略に触れ、「次のステップに進む。いろいろな前進の思いがある」と力強く話した。新加入は192センチの大型DFパウロンなど、個性豊かな選手がそろう。J1での経験も豊富なFW林陵平(30)は即戦力として期待がかか...    
<記事全文を読む>