3年ぶりのJ1昇格を懸け、徳島ヴォルティスの2017年シーズンがスタートした。スペイン出身のリカルド・ロドリゲス新監督指揮の下、新加入12人を加えた30選手が、昇格プレーオフ圏内の6位内を目標に戦いを挑む。悲願達成に向け、ロドリゲス監督が目指すのは「攻撃的で魅力あふれるサッカー」。16日に始まった高知1次キャンプでは、その意識を体に染みこませるべく、青いユニホームに身を包んだ選手が連日精力的に練習に打ち込んでいる。

...    
<記事全文を読む>