サッカーJ2・モンテディオ山形が今季の1次キャンプで使用している静岡県御前崎市の練習場は先月完成したばかり。ワールドカップ(W杯)などでも使われた国内初導入の天然芝が特徴で、新たな合宿地として関係者の注目を集める施設だ。

 施設名は「御前崎NEXTAFIELD(ネクスタフィールド)」。ゴルフ場などを運営する静岡カントリー浜岡コース&ホテル(遠藤孝一支配人)が整備し、昨年12月に完成した。完成前には女子の20歳以下日本代表も合宿。その後にロッカールームなどを備えたクラブハウスが建った。

 元々はゴルフ場の芝のほ場。グラウンドは1面で広さ約1万4千平方メートルで、芝は繁殖力が高く回復力に優れた...    
<記事全文を読む>