サッカーJ2ファジアーノ岡山は18日、練習拠点の政田サッカー場(岡山市東区升田)で、今年初めてボールを使ったチーム練習を行い、本格的に始動した。

 午前9時半からの練習は、リハビリ中の選手を除く30人が参加。クラブハウス内でのミーティングに続き、グラウンドに姿を現すと、約2時間、ランニングやパスを回すトレーニングを中心にしっかりと汗を流した。

 昨季、過去最高のリーグ6位に入り、初めてJ1昇格プレーオフ決勝まで進んだチームの戦力は全体の3分の1が新加入と大幅に入れ替わった。選手たちは互いの名前を呼び合いながらパス交換するなど、積極的にコミュニケーションを取りながら、ボールの感触を確かめてい...    
<記事全文を読む>