今季からサッカーJ2に復帰する大分トリニータが始動した。13日、本拠地の大分銀行ドーム(大分市横尾)で新体制を発表。15日には大分スポーツクラブで全体練習を始めた。1年でのJ2復帰。選手もサポーターも今年に懸ける思いは強い。

 J2でのリーグ上位を目指す今年のスローガンは「初志貫徹」。高い志を持ち、シーズンを通して貫き続けるという思いを込めたという。

 13日の新体制発表で運営会社「大分フットボールクラブ」の西山哲平強化部長は獲得した12人について「チームのためにどれだけ戦えるかを重視した」と説明。片野坂知宏監督は「新しいチームで全員一体となって、トリニータのためにやっていく。覚悟と責任を...    
<記事全文を読む>