J2金沢は十六日、金沢市下安原町の市安原スポーツ広場で二月二十六日の開幕に向け全体練習をスタートさせた。選手二十八人が屋内練習場で体幹トレーニングなどをした後、スタッフやサポーター有志が除雪したグラウンドで雪の中、インターバル走を行った。

 一時間半の練習に先立ち、柳下正明・新監督(57)が「この地でサッカーができる喜び・感謝を忘れず、チームのため仲間のためにプレーしよう」と訴えた。指揮官はサポーターらとともに練習前に除雪作業も行った。「(かつて指揮した)札幌でもやったことはあるけど雪の質が違う。疲れた」と苦笑いを浮かべた。

 九人の新加入選手の姿もあった。長崎から移籍のFW佐藤洸一選手(...    
<記事全文を読む>