1年でJ2に復帰した大分トリニータが15日、大分市の大分スポーツクラブで始動した。今季J2のアビスパ福岡から期限付き移籍で加入したMF鈴木惇(27)は早くも「大分愛」を強調。J1を知る男は若手の多いチームでゴール、アシストを量産し、自身も成長することを誓った。今季J3のギラヴァンツ北九州は北九州市内で新体制発表会見を行った。■「明るいチーム」 胸に早くも「大分愛」が芽生えた。強い寒風を浴びながら見守る350人のサポーターの姿に刺激され、鈴木惇は「期待されていると感じる。その期待を裏切らないように、一日一日を大事にしていきたい」と決意を込めた。

 その最初の一日が始まり、ランニングやボール...    
<記事全文を読む>