J1へ再挑戦―。15日にあったJ2ファジアーノ岡山の新体制発表で、選手やコーチングスタッフらは過酷な昇格争いに向け、闘志を高めた。

 オフに中心選手の退団が相次いだものの、即戦力として期待される11人が新加入した。「(過去最高成績だった)去年を打ち破るような、非常に頼もしいチームになった」と長沢監督。昨季はJ1昇格プレーオフ決勝まで進みながら、あと一歩で昇格を逃しただけに「悔しい思いを今年は楽しい思いに変えたい」。チーム最年長37歳のMF加地の言葉に気合がみなぎる。

 今季着用するユニホームも披露された。より体にフィットするように細身のシルエットで、フィールドプレーヤーはホームが赤が基調の...    
<記事全文を読む>