サッカーJ2松本山雅FCが今年初の全体練習をした15日、松本市かりがねサッカー場にはサポーターら約350人が詰め掛け、選手たちに熱い視線を送った。昨季はリーグ戦でJ1自動昇格の2位に得失点差で及ばず、昇格プレーオフも惜敗。サポーターからは再昇格へ「今季こそ」と期待する声が上がった。

 スタッフによる雪かきから始まったこの日の練習。降雪が続く中、サポーターは午前10時の練習開始を前に続々と集まり、選手たちが姿を見せると、「今年は頼むぞ」「頑張れ」などと声を掛けた。

 選手にカメラやスマートフォンのレンズを向けるサポーターも目立った。

...    
<記事全文を読む>