サッカーJ2の大分トリニータは14日、大分市のだいぎんサッカー・ラグビー場で、シーズンパスの早期購入者を対象にした新加入選手発表会を初めて開いた。

 約800人のサポーターが訪れ、期待の高さをうかがわせた。拍手に迎えられ、新加入12選手がピッチに入場。大分フットボールクラブの榎徹社長が「皆さんの声援が選手の後押しになる。精いっぱい駆け抜けていきたい」と決意を示し、西山哲平強化部長が選手の特長を紹介した。

 それぞれが意気込みを語った後、MF小手川宏基が「期待に応えられるよう、良い試合をしていきたい。応援よろしくお願いします」と呼び掛けた。最後はハイタッチでサポーターを見送った。

 別府市の三...    
<記事全文を読む>