サッカーJ2に復帰する大分トリニータは13日、大分市の大分銀行ドームで新体制を発表した。会見には就任2年目となる片野坂知宏監督や新加入の12選手が出席。「初志貫徹」をスローガンとし、2年ぶりとなるJ2での活躍を誓った。

 大分フットボールクラブの榎徹社長が「本当の意味で再スタートの年。監督、スタッフ、選手、フロント、一丸となって頑張っていきたい」と決意。片野坂監督は「残ってくれた選手、新しい戦力が一体となって、トリニータのために戦っていきたい。J2は厳しい戦いがあると思うが、少しでも上を目指して準備したい」と意気込みを語った。

 新戦力には大分に2012年まで所属したMF小手川宏基、大分U...    
<記事全文を読む>