サッカーJ2のFC岐阜は十二日、岐阜市で記者会見を開いた。今季のスローガンは「挑戦 Challenge」。一桁順位を目標に掲げた大木武新監督(55)は「非常にワクワクしている。質の高い攻撃から始めたい」と話した。

 クラブは今年、二〇〇八年にJ2入りして十周年。スローガンには「より上位を目指すチームにする」との願いを込めた。

 昨季のチームは、最終戦まで残留争いを繰り広げた。最終的に二十二チーム中、二年連続で二十位。宮田博之社長(69)は「最後までドキドキさせて申し訳なかった。今季は節目に申し分ない監督を迎えられた」と新指揮官への期待をあらわにした。

 大木監督は、パスサッカーで、J2甲府や...    
<記事全文を読む>