Jリーグの今季の開幕カードが12日発表され、ツエーゲン金沢は2月26日、愛媛県のニンジニアスタジアムで愛媛FCと対戦する。ホーム開幕戦は3月12日、金沢市の県陸上競技場に湘南ベルマーレを迎える。チームはこの日、同市安原スポーツ広場で新体制となって初めての練習に汗を流した。

 柳下正明監督が見守る中、参加した17選手が約1時間半にわたって体を動かした。V・ファーレン長崎から加入したJ2通算70点のFW佐藤洸一は「思ってたより金沢は都会で楽しそう」と街の印象を語り、「いいパスをもらえるよう連係を深め、頭でも足でも点を取りに行きたい」と意欲を見せた。

 J1・ベガルタ仙台から加入したMF杉浦恭平...    
<記事全文を読む>