J2徳島ヴォルティスは11日、板野町の徳島スポーツビレッジで初のチーム練習を行い、J1復帰に挑む新シーズンのスタートを切った。リカルド・ロドリゲス新監督がテーマに掲げる「攻撃的で魅力的なサッカー」の実現に向け、選手は初日からミニゲームなどの実戦的な内容に汗を流した。新加入選手の会見もあり、合流していないMF杉本を除く11人が昇格に向けた決意や抱負を語った。

 午前の約1時間半は、三つのグループに分かれて体幹トレーニングやタイム走に取り組んだ後、ミニゲームを実施。ワンタッチのショートパスや、空いたスペースへの飛び込みなど、随所に切れのある動きを見せた。午後は異なる動きのフットワークを連続し...    
<記事全文を読む>