サッカーJ2のV・ファーレン長崎は10日、長崎市のV・ファーレン十八銀行フィールドで今季初のチーム練習を行い、2月26日のリーグ開幕に向けて始動した。

 昨季は通算成績10勝17分け15敗(勝ち点47)で15位に終わった。参戦5年目の今季は、昨季の主力を担った選手の多くがチームを離れた一方、16人の新戦力が加入。29人でJ1昇格を目指す。

 午前の練習ではランニングなどを実施。選手同士が積極的にコミュニケーションを取る姿も見られ、和やかな雰囲気で約2時間汗を流した。

 練習後、就任5年目を迎えた高木監督が報道陣の取材に応じ「今季は自分にとってもチャレンジの年にしたい。初めてV長崎に来たときの...    
<記事全文を読む>