J2で12年目のシーズンを迎える愛媛FCが10日、松山市菅沢町のレインボーハイランドで今季初練習を行い、新加入選手ら24人が約1時間半、汗を流した。

 選手はウオーミングアップの後、間瀬秀一監督から「スピード感を持って」「バリエーションも自分で考えながら」と指示を受けながらリフティングやパス練習で感触を確かめた。終了後、間瀬監督は「速いスピードでトレーニングすると全ての能力が上がってくる」と意図を明かした。

...    
<記事全文を読む>