サッカーJ2レノファ山口の選手とチームスタッフら約50人が9日、山口市滝町の山口大神宮を参拝し、J2参入2年目となる今季の必勝と悲願のJ1昇格を祈願した。河村孝社長や上野展裕監督、現時点で契約に合意している選手22人が境内でお払いを受けた。河村社長と上野監督が玉串をささげ、必勝を誓った。昨季の終了後は21人が退団し、これまでに12人が加入するなど大幅な選手の入れ替えがあった。主力選手も複数人チームを去ったが、「いい選手がたくさん入ってきてくれたので安心して見ていただきたい」と上野監督。MF三幸秀稔選手は「皆さんが期待しているパスサッカーができるよう全員で成長していきたい。プレーオフ進出は...    
<記事全文を読む>