サッカーJ2・モンテディオ山形の今季の陣容が固まった。22チーム中14位と低迷した昨季からの巻き返しを期し、新たに木山隆之(たかし)監督を迎え、若手や中堅を中心に大幅な補強を敢行。一方、近年の山形を支えてきたベテランが移籍し、顔触れは一気に若返る。

 退団、移籍選手12人の平均年齢は30歳。GK山岸範宏やFW大黒将志、MFディエゴ、FW川西翔太らベテランまたは30歳前後のいずれも主力級が抜けた。山岸や大黒の獲得に携わった石井肇強化部長テクニカルダイレクターも退任した。

 編成は強化・運営担当の中井川茂敏取締役が主に担った。新指揮官には、J2愛媛などで若手を育て、試合で起用しながら結果につな...    
<記事全文を読む>