サッカーJ2・モンテディオ山形のGK山岸範宏(38)が、2017年シーズンにJ3に降格する北九州に、期限付き移籍することが8日分かった。9日にも発表される。

 14年途中にJ1浦和から加わり、山形の中心選手としてJ1昇格に貢献。15年から2シーズンにわたって主将を務めた。

 埼玉県出身。熊谷高(埼玉)、中京大を経て浦和に加入し、06年にはJ1リーグ優勝に貢献した。日本代表に選出された経験もある。

 14年6月に期限付き移籍で山形に加入。完全移籍した15年はJ1で全34試合、16年はJ2で41試合に出場し、ゴールマウスを守り続けた。38歳、出場にこだわり 闘将が山形でのプレーに区切りをつける。...    
<記事全文を読む>