サッカーJ2・モンテディオ山形の新スタジアム推進事業体設立検討委員会は11日、天童市のNDソフトスタジアム山形で第2回会合を開き、基本計画を決めて資金を調達し、建設後の運営にも携わる新たな株式会社について、2月の設立に向けて出資を募ることを正式に決めた。施設整備は公設民営方式を方針とし、2021年シーズンの開幕から運用できるように建設を進めたい考え。

 会合には委員長の寒河江浩二県経営者協会長(山形新聞グループ経営会議議長)ら10人が参加。終了後に寒河江委員長と委員の横内崇モンテディオ山形取締役新スタジアム推進室長が取材に応じた。

 説明によると、新会社は合弁方式とし、資本金は5千万円を想...    
<記事全文を読む>