J2の京都サンガFCが、韓国・Kリーグ1部のクラブからベルギー人FWケヴィン・オリス(32)と韓国人MFハ・ソンミン(29)の2選手を完全移籍で獲得することが5日、関係者への取材で分かった。

 ケヴィンは192センチの長身で、ポストプレーや精度の高いシュートが持ち味。ベルギーリーグを経て、2012年から韓国や中国でプレーし、昨季はKリーグの仁川で9得点を挙げた。

 ハ・ソンミンは運動量豊富な184センチの守備的MF。14~16年はKリーグの蔚山現代に所属し、昨季は主将を務めた。FC東京の元韓国代表MFハ・デソンを兄に持つ。

 またサンガは同日、下部組織出身のMF荻野広大(19)=京都市山科区...    
<記事全文を読む>