J2京都サンガFCで5年間地域の学校を巡回する「つながり隊」の活動を広め、京都の指導者に独自の育成理論を伝えてきた池上正普及部長が今季限りで退団する。「J1でもJ2でも、京都の人に頑張れと言ってもらえるチームであってほしい」。成績に左右されないJクラブの地域貢献のあり方を体現した功労者は、温かくも厳しいエールを送る。

 池上部長は2012年、当時サンガのゼネラルマネジャーを務めていた祖母井秀隆氏に請われ、ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。J2千葉時代に8年間学校を巡回し、体を動かす楽しさや仲間づくりの力を引き出す教室を開いてきた経験を生かし、つながり隊を発足させた。

 従来のサッカ...    
<記事全文を読む>