山形に身長185センチの「汗かき男」が加わった。FW瀬沼優司の一番のセールスポイントは豊富な運動量。「試合を見た人に『あいつ本当に走っていたな』と思われるくらい走りたい。走れなくなったら引退」と話すほど、ハードワークが身上だ。

 中学校までは身体能力に恵まれながらも「ただ前でパスを待っていた」。意識が変わったのは桐光学園高(神奈川)の1年目。力が通用せず監督から「下手くそ」とばっさり言われた。「前線からの守備をベースに何ができるのか」と考え、常にピッチを駆け回るスタイルを身に付けた。理想とする選手は元日本代表でJ2熊本のFW巻誠一郎。

 昨季まで2シーズン、J2愛媛でプレー。今季の山形を率...    
<記事全文を読む>