広島からの期限付き移籍期間を延長した磐田の川辺が、攻撃力を生かすために守備意識を高めている。ボランチに専念する今季の目標は日本代表入り。「年齢的にも(代表を)目指せる位置にいる。まずはチームの中心になること」。リーグ戦全試合出場をノルマに掲げ、新たな道を切り開くつもりだ。

 昨季前半戦は出番が少なかったが、後半戦は広島戦以外に全試合先発した。日本代表MF小林の海外移籍後はトップ下もこなし、チームに欠かせない存在へと成長した。川辺は「昨季は自信を深めた。今季は開幕から先発で」と意気込む。

 ボランチ起用を明言する名波監督が求めるのは、攻撃参加した時のカバーなど守りの意識。川辺は「昨季は守備の...    
<記事全文を読む>