サッカーJ1仙台の主催試合を盛り上げる公式チアリーダー「ベガルタチアリーダーズ」の15期生オーディションが28日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台)であり、トップメンバー16人が誕生した。

 県内外から20人以上の応募があり、書類審査を通過した19人が面接と実技審査に臨んだ。合格者は18~34歳。14期から継続する5人に新メンバー11人が加入した。

 ベガルタチアリーダーズは在仙プロスポーツチームの中で最も歴史があり、今年で結成15年目。ジュニアユース時代から憧れていたという仙台市宮城野区の高橋紀乃(ことの)さん(18)は「迫力があって華やかなチアで、サポーターの皆さんと...    
<記事全文を読む>