サッカーJ1清水エスパルスは28日、静岡市清水区の魚町稲荷神社で必勝祈願を行った。左伴繁雄社長(61)や小林伸二監督(56)、選手らは集まった約250人のファンの前で、2季ぶりにJ1へ復帰する今季の奮闘を誓った。

 選手を乗せたチームバスは、旗をなびかせながら応援歌を歌うサポーターに先導され神社に到着。玉串をささげ、必勝だるまに墨を入れた。就任2年目の小林監督は「一日一日を大切にして練習に取り組む。時の流れに負けないようにチームを伸ばし、J1に定着するためにも今季は1桁順位を目指す」と決意を語った。

 選手会長に就任したMF竹内涼選手(25)は「待ちに待ったJ1の舞台でできる幸せや喜びを感...    
<記事全文を読む>