9日間にわたった1次合宿を打ち上げた。午前9時から沖縄県総合運動公園陸上競技場で約1時間の練習を実施。26日に行われたFC東京との練習試合で60分以上出場したメンバーは約15分間のジョギングと軽めの調整で練習を切り上げた。

 出場機会のなかった播戸、大前、奥井と、出場時間の短かった藤沼、山田はダッシュやターンを交えた高負荷のラントレーニングを行った後、シュート練習に励んだ。GK陣もキャッチング練習などで汗を流し、シュート練習に合流した。

 沖縄での1次合宿について渋谷監督は「15日に始動してから休みなしで取り組んだ。選手たちも疲れている中、最後までハードワークしてくれて満足している。沖縄で...    
<記事全文を読む>