サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台は今季、本拠地ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台、仙台市泉区)が6月で開設20年を迎えるのを機に、「EXCITINGユアスタ!」と題して多彩な演出をする。その一環となるLED看板「復興きずなビジョン」が完成した。

 長さ70メートル、高さ0.8メートルの横長で、バックスタンド最前列前の壁面に取り付けた。今季開幕戦の2月25日のホーム札幌戦から使用する。事業費は約1億円。

 J1仙台の選手を紹介する際に活用するほか、東日本大震災からの復興を応援するメッセージも発信。全国からメッセージを募って流す計画もある。

 高い広告効果が見込めるため、新規スポンサー...    
<記事全文を読む>