J1広島は27日、クラブ推奨のサプリメントを服用したことにより、千葉が日本アンチ・ドーピング規律パネルから「資格停止を伴わないけん責処分」を受けた問題で、織田秀和社長を減給20分の1(1カ月)、足立修強化部長をけん責とするなどの処分を発表した。

...    
<記事全文を読む>