東京五輪世代のエースが定位置獲得に貪欲な姿勢を見せる。J1磐田のU―20(20歳以下)日本代表FW小川航は、鹿児島で全体練習後も居残りで汗を流す。桐光学園高の大先輩でもある元日本代表MF中村俊に多くの刺激を受ける日々。「レベルアップして開幕スタメンを狙いたい」と意欲を燃やしている。

 小川航は27日の午前練習後、縦パスの受け方の指導を名波監督に願い出た。DFの動きを確認するタイミングを細かく教わり、パス出し役は中村俊が務めた。小川航は「豪華なメンバーに指導してもらってありがたい。質の高いパスを出してもらった。試合に生かす」と目を輝かせた。

 昨季はU―19アジア選手権で日本代表の優勝に貢献...    
<記事全文を読む>