31歳のベテラン水本が肉体改造で定位置奪回を狙う。昨季は右足を骨折し、リーグ戦出場は広島在籍6年で最少の17試合にとどまった。悔しさを糧に、オフ返上で体をつくり上げてきた。実戦練習が増えてきた鹿児島で、「体の土台を鍛えた成果が出ている」と手応えを口にする。

...    
<記事全文を読む>