サッカーJ1ジュビロ磐田の鹿児島キャンプ出発に合わせ、磐田市は26日、今季の激励会を市役所で開いた。サポーターや市職員ら約400人が横断幕やフラッグを手に集まり、チームの躍進を願ってエールを送った。

 渡部修市長は「新たに8選手を加え、市民の期待も膨らんだ。充実したシーズンになることを願っている」とあいさつした。名波浩監督は「昨季はJ1残留争いで皆さんをどきどきさせてしまった。今季は上位を目指して頑張りたい」と決意を述べた。

 ジュビロ磐田ホームタウン推進協議会の河島直明会長らから花束を受け取った上田康太選手は「サポーターに楽しんでもらえるように、鹿児島で心身ともにしっかり鍛えたい」と意気...    
<記事全文を読む>