(25日・沖縄) 休養日を1日挟み、東風平運動公園サッカー場で練習を再開。この日から、左膝のけがからの復帰を目指す梅崎が一部メニューに合流した。

 午前はMSCSトレーニングに取り組みオフ明けの体に刺激を入れた。

 野崎アスレティックトレーナーの「今日から短い時間の中で質やパワーを求めていく」という指示の下、選手たちは全員で体幹を鍛えた後、4グループに分かれ器具を使用したメニューで汗を流した。その後、GK陣は土田GKコーチと共にステップワークを交えたキャッチングに取り組み、フィールドプレーヤーはマーカーなどを使用してのステップワークに臨んだ。天野コーチから「テンポよくいこう」と声掛けされる...    
<記事全文を読む>