2人の左ウイングバックが、今季初の大事な実戦で存在感を示した。J1川崎から期限付き移籍したMF中野と、法大から入団したMF永戸。共にゴール、アシストを決め、開幕先発メンバー入りを猛アピールした。

 まずは中野。野沢のCKからのこぼれ球を左足で得点すると、ギアが一気に上がった。敵の死角のタッチライン際に陣取り、パスを受けると巧みなドリブルで中央に切れ込む。ゴール前のセンターバック石川直の頭にクロスを送り、得点をお膳立てした。「ミスもあるが、いいプレーができた」と納得の表情を浮かべた。

 中野の後の3、4回目の試合に先発した永戸も、黙っていない。豊富な運動量で前後に鋭く動き、1得点、2アシスト...    
<記事全文を読む>