午前のみの練習が約1時間半行われ、キャンプでは初めてセットプレーの動きを確認した。DF増嶋が右太もも付近に、MFパブロジオゴが右ふくらはぎに違和感を抱え、姿を見せなかった。

 昨年のさつまキャンプは体調不良のため満足に参加できなかったMF茂木が、順調に練習に取り組んでいる。「いいスタートを切れた。このまま鍛えていく」と充実した表情を見せた。ランニングをしたり、チームメートとパス交換をしたり、連日居残り練習に励む。24日は、GKを立たせた状態でFKを何度も蹴り、精度の確認に余念がなかった。

 この日のセットプレーの練習では、キッカーはMFの野沢、三田、藤村、DF永戸が任され、茂木の出番がなか...    
<記事全文を読む>