J1磐田は24日、JFLヴィアティン三重と今季初の練習試合(30分3本)を行った。2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本代表メンバーだった中村俊と松井が共演し、約800人の観客の視線をくぎ付けにした。

 1本目でトップ下に中村俊、左MFに松井が入った。まだ体力づくりの段階で本調子ではなく、2人の連係から好機をつくる場面は見られなかった。名波監督は「ファンサービスを含めて一緒にしたけど、良くなかった。意識しすぎたのか、お互いの距離が近すぎた」と振り返った。

 日本代表以来のコンビを組んだ松井は「いてくれると楽。良さを生かせるようにしていきたい」と連係向上に意欲を見せた。試合の内...    
<記事全文を読む>