サッカーのコンサドーレ札幌の沖縄キャンプは23日、沖縄県金武町陸上競技場で午前と午後の2部練習を行った。午前はサイド攻撃の形を確認。午後は10対10などの実戦形式で、プレスのかけ方やDFラインの上げ下げなどを繰り返した。また、19日から左すね痛で別メニュー調整を続けていた宮沢が全体練習に合流した。

 このほか、宮沢が昨季に続いて主将を務めることが決定。副主将は新たに兵藤、菊地、具聖潤の3人となった。

...    
<記事全文を読む>