(22日・沖縄) 7日目は東風平運動公園サッカー場で午前のみ約1時間30分練習し、初めて11対11のゲーム(約20分×2本)を行った。

 1本目は1トップ2シャドーに入ったラファエルシルバ、李、武藤と、ボランチ柏木の連係がよく、ゴール前でパスからチャンスをつくり、最後はラファエルシルバがきっちりと右足でゴールを決める場面があった。

 2本目は那須、槙野、平川、ズラタン、岩舘を下げてオナイウ、駒井、伊藤、榎本、橋岡(ユース)を投入。駒井と宇賀神が球際で激しくボールを奪い合うなど迫力のある戦いが見られた。

 また、左サイドの宇賀神からパスを受けた興梠のゴールや柏木のクロスからラファエルシルバの得点...    
<記事全文を読む>