16日から沖縄でキャンプを続けてきた北海道コンサドーレ札幌は22日、初の休日を迎えた。FW都倉賢(30)とMF石井謙伍(30)はリザンシーパークホテル谷茶ベイを訪れ、シーサーの絵付け体験に挑戦。ともにチームカラーの赤黒をデザインし、それぞれの思いを込めた。

 石井は「雌の方なので笑った感じにしたかった」。今オフに歌舞伎を見に行ったという都倉は、歌舞伎の力強さをイメージ。「雄は口を開けて幸せを呼び込むというので、今年の目標達成を呼び込んでほしい」と解説した。1時間以上かけてできた作品名は、石井が「イシーサー」、都倉が「よっ、都倉屋!」。2人は心身ともにリフレッシュしたようだ。<道新スポーツ...    
<記事全文を読む>