サッカーJ1の川崎フロンターレは二十二日、川崎市麻生区の昭和音楽大学で新体制の発表会見を行った。今季から指揮を執る鬼木達監督や新加入の選手らを紹介。会場に詰め掛けた約千二百人のサポーターらとともに悲願の初優勝を誓った。

 今季のキャッチフレーズは「Paint it Blue」に決定。川崎の街やスタジアムをチームカラーの青で染めるという意味を込めたという。

 鬼木監督は、すでに宮崎県でキャンプ入りしているチームについて「選手は精力的に声も出ていて、毎日トレーニングが楽しい」と話した。「クラブの一体感は過去最高。皆さんの力が加わればタイトルに届く。一緒に戦いましょう」とサポーターに呼び掛けた。...    
<記事全文を読む>