J1仙台に5人の選手が加わった。顔ぶれは多彩で、上位進出を目指す上で欠かせない存在となる。新天地で活躍を期す新戦力を紹介する。◎ベガルタ新戦力紹介 DF永戸勝也(22) さつまキャンプでの実戦練習。相手の球際に厳しく寄せてボールを奪った。身長172センチと決して恵まれた体格とは言えないが、補って余りある非凡なセンスを持つ。

 定評がある1対1の駆け引きのうまさ以上に「利き足の左のキックが武器」と胸を張る。精度、蹴るタイミング全てが一級品だ。特にシュートは、低い弾道でゴールへ一直線。「0歳から10歳まで習った水泳が、脚力を鍛えたのかも」と照れ笑いを浮かべる。

 チームは即戦力と期待している。...    
<記事全文を読む>