サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸の選手、スタッフが21日午前、神戸市兵庫区の和田神社で必勝祈願を行った。

 今回初めてサポーターに公開され、約300人が見守る中、スーツ姿の選手らが境内に入った。宮司が祝詞を奏上し、ネルシーニョ監督や渡辺千真(かずま)選手らが玉串を奉納。全員でかしわ手を打って今シーズンの飛躍を願った。

 新加入の元日本代表FW田中順也選手は「開幕からタイトルを狙う位置にいられるよう準備したい」。サポーターから拍手で歓迎され、「期待をすごく感じる。結果を出せるよう頑張る」と気合を入れた。

 昨季のリーグ得点王レアンドロ選手は「個人タイトルを継続できればチームに貢献できる...    
<記事全文を読む>